オーダーカーテンのメリットデメリット

かれこれ20年程前になりますが、私の部屋にはピンクのオーダーカーテンがかかっていました。片窓分だけでしたが・・。
どう思ってつけたのかよくわかりません、親が知らない間につけていました。
そんな当時のオーダーカーテンは、手入れを全くしなかったせいもあるでしょうが、生地も黄ばんでしまい本当にオーダーカーテンなのかどうかのかさえもよくわかりませんでした。しかしせっかくのオーダーカーテンなので私は手入れをしてみようと思いました。
掃除も大変で端から端まで丁寧に綺麗に磨いて行きました。
私の職場は小洒落たお店なのでオーダーカーテンを使用していました。
そしてオーダーカーテンのデメリットばかりを挙げてきましたがメリットもたくさんあります。
まずは、一つ目に遮光性が市販のカーテンと比べとても良いというもの、オーダーカーテンに当たる日の角度によっても見え方が変わります。眩しすぎるとき市販のカーテンと比べ日光を遮断できるのでとても便利です。
二つ目に風の調整ができます。完全に閉めてしめてもが風を少し通すので極端に熱くなることはありません。少し風を入れたりたくさん入れるときはカーテンをどけてしまえばいいだけですし、見た目の清涼感もなかなかいいものです。
三つ目に目隠しになることです。
これはレースカーテンやブラインドでもできるのですが、レースカーテンだと目隠しにはなりますが前に言った二つのメリット(光と風の調節)ができなくなります。
四つ目は見た目にスタイリッシュでおしゃれであること、オーダーカーテンにすることにより高級感も味わえます。またオーダーカーテンは手入れをしっかりすればほこりなどもあまりたまりません。
五つ目は掃除が容易だということです。先ほどとは矛盾しますがブラインドは、一本一本掃除しなければいけないという手間はありますが、オーダーカーテンはまずレールから外してしまえば洗濯するだけですし部屋にホコリが落ちることもなかなかありません。
六つ目は最近はおしゃれなものやいろんな種類のものが出てきて選びやすくなってきたということです。
私が知っているものでも、オーダーカーテン生地から選ぶことができ、デザインも多くあったと思います。
一昨年新築した際に、かけるものを検討していた時にみかけました。
以上デメリットもあるのですが私が感じるだけで六つのメリットがそれ以上に感じられるのでこうして長い間愛用され続けているのではないかと思います。
そんな素敵なオーダーカーテンを近々我が家の階段窓にも導入しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*