オーダーカーテンの意味について

カーテンという言葉は、覆うもの、遮るものという意味があります。

劇場などでもよく使われる「カーテンコール」等の場合は幕のことを指しています。

カーテンの中にもオーダーカーテンというものがあります。オーダーカーテンとは字のごとくカーテンを自分の好きな仕様にオーダーすることができます。

市販のカーテンとは違い高級感もあり、自分のオリジナルで作るということもあり愛着も湧いてきます。
なので同じ趣味を持つ友人なんかとも話に花が咲くことも間違いないでしょう。

また市販ではなくオーダーをするということは相応のお値段もします。しかし必ずお値段以上のものが手に入ると思います。

またオーダーカーテンといえば、なんといってもインテリアの中でも重要なものになるでしょう。

外から窓の中身を見えないようにするためにオーダーカーテンをよくつける家があります。
レースカーテンではあまり目隠し効果がないので、オーダーカーテンつけることで自分のプライバシーを守ることができます。

人間というのは目で情報をたくさん得る動物です。

そのため自分で見るのはいいけれども、誰かに見られ続けることに対しては非常にストレスを感じます。
誰かにどう思われているかというのを意識し続けなければいけないからです。

自分の家族には見せられる範囲、友達には見せられる範囲など、自分のプライバシーを自分で調整して生きていくのが人間です。

動物に関していえば、猫などもジッと見つめると敵だと認識して逃げてしまいます。
見られるというのは好奇心、恐怖、さまざまな感情が入り交じることになります。

人間としての尊厳を守るためにオーダーカーテンを窓に取り付けるのでしょう。

もしもなにもない状態であれば、外からきっと好奇心の目で見られ続けることになります。

また昼間の直射日光を遮るための目的もあります。
人間はゆっくり休みたいときはまず目を休めます。
眠るときに目を閉じるのも情報をシャットアウトするための手段だからです。

昼間にギラギラとした太陽をずっと浴び続けると夜には疲れてしまうことがあります。
とくに夏場の強い太陽は体にもあまり良くありません。

そういったときにオーダーカーテンを少し開くだけで、部屋の中が少し落ち着きます。

夜寝るときはオーダーカーテンを少しだけ開けておくことで、朝になると自然に太陽の光で目を覚ますことができます。
お洒落の観点やインテリアとしての機能性でもオーダーカーテンを考えてみると、人間はこれほどにまで目で情報を得ることに偏っているのだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*